水着

“日本一のコスプレイヤー”えなこの水着姿がすごい!

“日本一のコスプレイヤー”として名高いえなこが、16日発売の「ヤングジャンプ」12号の表紙・巻頭グラビアを彩った。

去年、「ヤングジャンプ」に載り反響を呼んだ彼女。

12月の漫画誌初グラビアから、たった2か月弱で同誌史上初となるコスプレイヤーの表紙登場のなった。

今号のグラビアは一冊通して、一冊全て、「BUNGO-ブンゴ-」応援プランとなっており、えなこも主人公・ブンゴのユニフォームをコピーした水着で表紙に登場している。

グラビアは「学園生活の放課後」をテーマに、様々なクラブ活動姿でえなこが5変化で目を奪っている。

記事はコチラ

萌え

アキバ系イベントでコスプレ撮影会

3日、東京有明にある東京国際展示場ビッグサイトで、アニメのキャラなどに扮装するコスプレイベント「ビッグコスプレ博」が開催され、多数のコスプレイヤーが参加、撮影会場には痛車も登場した。

ビッグコスプレ博は、「アキバ系」キャラクターコンテンツ関連企業が出展する展示会「DreamParty」と併催されたもので、会場にはお気に入りのキャラに扮装するコスプレイヤーや、それを撮影するためにカメラを手にする人たちが大勢集まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000005-rps-bus_all

サンタクロース

イベント

2014年冬のワンダーフェスティバル

2014年冬のワンダーフェスティバルには、大雪をものともせず全国から美麗&強靱なコスプレイヤーが集まりました。

ワンダーフェスティバルは、フィギュアや造形物の祭典でコスプレイヤーにとっても重要なイベントなのです。

2014年のイベントはコスプレ撮影を行うフリーゾーンが、いつもの屋外から中央モールに変更されるほどの悪天候でした。

中央モールは屋外よりもスペースが小さめで、ひんやりしたモールの気温にも関わらず、全国から集まったコスプレイヤーたちは寒さをものともせずに薄着でポーズを決めていました。


写真は、コチラのサイトで
http://gigazine.net/news/20140209-costume-players-wf2014w/

コラム

草薙京や不知火舞など選び抜かれた8人のキャラが至高のバトルを繰り広げた「KOFコスプレコンテスト FINAL STAGE」

「Cure Cosplay Collection Vol.1」に引き続き、2011年7月2日より劇場公開される映画「ザ・キング・オブ・ファイターズ」とコラボしている「Cure Cosplay Festival Vol.3」のメインイベントとして、映画「KOF」の吹き替えを務めた小清水亜美さんと杉田智和さんが審査を行う「KOFコスプレコンテスト FINAL STAGE」の全容をお届けします。

KOFは1994年から続く人気シリーズなだけに登場キャラクターもかなりの人数がいますが、今回登場するのは予選を勝ち抜いた8名による8キャラクターの激突となりました。

「KOFコスプレコンテスト FINAL STAGE」の様子は以下から。



http://www.pheedo.jp/click.phdo?i=b507301346b54553af1ab071b045ab54

ファッションショー

「マクロスF」「攻殻」「青エク」「薄桜鬼」などが登場したコスプレファッションショー「Cure Cosplay Collection Vol.1」


6月12日に行われた新感覚コスプレイベント「Cure Cosplay Festival Vol.3」のイベントの一環として行われたファッションショー「Cure Cosplay Collection Vol.1」の模様をもれなくお届けします。

「マクロス」や「薄桜鬼」といった作品が目立つ中、メジャーマイナーを問わずにそれぞれが好きな作品をとことんまで追求したコスプレイヤーたちが集まっており、ステージ上の誰もが楽しそうな顔をしていたのが印象的なファッションショーとなっていました。

コスプレイヤーたちによるファッションショーは以下から。



http://www.pheedo.jp/click.phdo?i=e7f72e00241506bd246f64addf51b006

コラム

日中韓コスプレーヤー130人集結

三国志など中国を題材にしたテレビゲームの登場人物になりきる「中華コスプレアジア大会」が23日、鳥取県湯梨浜町の中国庭園「燕趙園」で始まった。

国内や中国、韓国から約130人の“コスプレーヤー”が参加。会場は色鮮やかな衣装や甲冑(かっちゅう)姿でにぎわっている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/game/454764/

中国や韓国でも、コスプレは人気なのかな?


コミケ

コスプレイヤー大集結

 マンガから小説まであらゆるジャンルの同人誌が一堂に集まった「コミックマーケット78」が13日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した。

 会場は、同人誌の即売会エリアや企業の展示ブース、コスプレ広場などと催しも盛りだくさん。コスプレ広場にはコスプレイヤーたちが大集結し、異空間の雰囲気を漂わせていた。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/427853/

スゴイですね。

萌え

定番のボーカロイド系コスプレからキレイなお兄さんまでバラエティー豊かなコスプレ

痛車や痛単車だけでなく、さまざまなコスプレイヤーたちも集まった「萌え博2010」。このようなコスプレイベントなどには必ずと言っていいほど定番になりつつある初音ミクや鏡音リンなどのボーカロイドのコスプレをしている人を見かけるのですが、萌え博2010でもボーカロイド系のコスプレが人気だったようです。そのほか前の記事に掲載しきれなかったコスプレイヤーたちもたくさんいたため、一気にまとめて載せてしまいます。 キレイなお兄さんのコスプレから食事中のコスプレイヤーまであり、かなりバラエティー豊かになっています。 写真は以下より。

http://www.pheedo.jp/click.phdo?i=0593da6fa5a8dd9d5fb33fd7e50a7699

コミケ

水戸でコミケ開催

漫画、アニメの同人誌即売会「コミックマーケット」の出張版イベント「コみケッとスペシャル5in水戸」(水戸コミ)が21日、水戸市泉町の伊勢甚泉町北ビルをメーン会場に始まった。22日まで。

 水戸駅からの国道50号沿いの商店街はメーン会場へ向かう参加者が昼ごろまで長蛇の列を作った。メーン会場では約1500サークルが参加して同人誌やアニメDVD、ゲームソフトなどが展示即売されている。

「コミケでまちおこし」をテーマに同市中心部で関連イベントを開催。水戸芸術館(同市五軒町)、県庁三の丸庁舎(同市三の丸)は「コスプレ広場」として、愛好者が自慢の衣装でアニメキャラクターになりきり、写真撮影などに応じていた。

 メーン会場前の水戸芸術館広場では、初音ミク=水戸市、会社員(23)=と巡音ルカ=ひたちなか市、大学生(24)=のコスプレをした女性2人が「完コスを目指します」と気合いを入れ、「身近な場所での開催、盛り上げたい」と地元でのコミケイベント開催に笑顔を見せた。

 ウルトラマンのスーツを友人から借りたという水戸市の男性会社員(27)は「M78星雲から水戸を盛り上げるためにやってきました」。初コスプレだったが、子供たちに大人気。

 また、メーン会場に近い南町自由広場(同市南町)では水戸コミに合わせて県内企業が開発、美少女や美男子キャラクターのイラストをデザインした“萌え商品”などが並んだ。販売開始30分で完売した商品やテントの前に長蛇の列ができる商品もあった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/371237/

マニアって、スゴイですね。

  1 2 3 4  次の10件>>



Powered by Seesaa